【グルメ】美味しい紅茶の三条件を考える

コーヒー党で紅茶には殆ど興味がなかった私ですが、マレーシアのBOHティに出会ってから、よく紅茶を飲むようになりました。

そして、どうも美味しい紅茶には3つの条件があるように思い、それを書いてみます。

1.苦くならない
2.澄んでいる
3.旨味の量

まず苦くならないというのは、そもそも飲む気になるかどうかがここで決まってしまうほど重要です。

注いですぐに苦くないのは勿論、5分、10分と経過しても苦くないものは素晴らしい紅茶だと思います。

そういった紅茶には緑茶成分が入っていませんし、また茎が入っていません。
これらは紅茶には苦味の元になります。

次に、澄んでいるというのも重要です。

澄んでいるものは、濁る成分が除かれているということなのでしょう。

最後の旨味の量は、同じ生産地でも都度異なるようです。

先日のBOHティのプレミアムグレードはすぐに売り切れましたが、上記の3要素を全て満たしていました。

紅茶は、上を見ればお値段もキリがありませんが、当社で常時在庫しているBOHティは、非常にコストパフォーマンスが高いものです。

上記の3要素を念頭において、是非BOHティをお楽しみ下さい。

[`evernote` not found]