【グルメ】ワイン価格と満足度

シャルドネ グランキュベ

ワインは1本を開けるのがあっという間。だからこそ、考えたいのがコストパフォーマンスです。

ワインの価格帯と満足度を比較すると、私個人は5000円以上の価格で美味しいのは当然だという感覚です。

常に5000円以上のワインしか飲まないという人もありますが、2000円前後で品質の高いワインを2度飲むのと、5000円以上の価格のワインを1度だけ飲むのとどちらが満足感が大きいかを考えることがあります。

また、非常に難しいことではありますが、もしも最初に飲む際に価格を知らずに飲んだとしたら、もっと満足感が変わるかもしれません。

さて、当社で特にコストパフォーマンスが高いワインとして、今特に白ワインであげるならシャルドネ グラン キュベ 2011です。

これは、シャブリの名門ウィリアムフェーブルがチリで作り始めたワインで、シャープな酸味がしっかりとしていて、熟した果実の香りや、ほどよい樽香があります。

普段飲むワインとして、税別2000円という価格でこれ以上のシャルドネを私には見つけられません。

安いワインは飲まないという方にこそ、その先入観を変える出会いとなることを願っています。

今回ご紹介したシャルドネ グラン キュベ 2011はこちらからご覧頂けます。
http://store.japanwholefoods.co.jp/fs/jwfc/gr118/gd401

[`evernote` not found]