トップページ > 社長講演録index > 社長講演録-高品質なサプリメントについて1

 高品質なサプリメント1



私の前職について

 以前は、サンフランシスコでホテルを経営しておりました。いわゆる五つ星の格付けを取り、主に金融関係やハイテク産業企業の役員や幹部を常連とするホテルでした。こうしたお客様に共通するのは驚くほどの働き振りです。それこそ、いつ休むのかと心配するほど、エネルギッシュなホテル滞在で、その情景は見るからにパワーに溢れておりました。幸いにも、業務の一環として、お客様へのご挨拶などを日常的に出来る立場におりました。健康管理の極意をお伺いする私に、彼らは気さくに色々と語ってくれたものです。そして、驚いたことに、彼らの話には、幾つもの共通点があったのです。以下は、その具体例です。


米国エグゼクティブ御用達のサプリメントとは

「健康は、全ての投資に優先する。情報は、日々更新されるが、栄養学やサプリメントはその代表例とも言える。よき食べ物に優るものはない。色々サプリメントを試したが、合成品は身体に負担である。私が摂っているのは、食品抽出ビタミンと天然ハーブの抽出サプリメントだけ。これが最高品質であることを絶えずチェックしているよ。ドクターは大事な友人だね。健康診断?毎朝ワイフと確認済みさ。」、と言って、意味深長にウインクしてみせたものでした。

 具体的な品名・ブランドを丁寧にメモにとり、早速試しました。実は私も、サプリメントには一家言を持っておりました。海外出張が多く、時差のある生活が日常であった私は、三十代の早くから、アメリカのサプリメントのお世話になっていたからです。色々試すうちにある原則に行きつきました。低価格品ほど有効成分が少なく、聞いた事も無い物質名が記載されていること。そうした製品は、摂り忘れたり、あるいは自然に使わなくなったものでした。ホテルのお客様から教えて頂いた製品は、規格成分や付属情報が明確に表示されておりました。


書いてあることが全ての国・アメリカ

 アメリカは契約社会とよく言われますが、書いてあることが全てであるとの社会通念があります。書いてないことは、いわば免責で、書いてあることが嘘ならば重大な犯罪。こうした単純明快な社会ルールがありますから、賢い消費者たるものは必死になってラベルを読むのです。広告には山ほど健康増進となるイメージ写真を出し、ナチュラルとかネーチャーを並べ立てている商品が、実は有効成分が最も少なく価格は中位帯、しかも天然どころか立派な合成品である例は枚挙にいとまが無いほど多い国でもあります。そうなると、貴方に成り代わって、良い製品を探しましょう、またメーカーの言うことが本当かを確かめましょう、但し、そのコストを負担してください、というビジネスが成立します。

 また健康保険の無い国ですから、医療はコストパフォーマンスと満足度で患者が評価。従い、サービス向上の一環として、ホームドクターが患者さんのサプリメントへの疑問に答えるのは極普通のことなのです。質の良い製品が何たるかを説明できない専門家は、アメリカでは先ず信用されないのです。またレベルの高いユーザー、例えば臨床ドクターが直接メーカーに接触し、患者さんが求める品質規格を実現させる例まである国です。何事に限らず、サプリメントでもダイナミズムに溢れたアメリカでのユーザー経験を生かすべく、私は現在の事業をスタートさせました。


お客様にご満足頂きたいこと

 具体的な優良製品の選択基準やそのポイント、そしてその理由などにつきましては、今後改めてご紹介させて頂ければと思います。また情報入手の手段についても同様です。高品質な製品を入手するのは、実は容易でないこともご興味ある点かと存じます。

 検証できる情報の入手、確かな選択基準を示すこと。この二つを顧客に満足していただくことこそ大切ではないかと思う次第です。