トップページ > バリアーニオリーブオイル > バリアーニオリーブオイルについてのQ&A

バリアーニオリーブオイルについてのQ&A



Q1美味しいオリーブオイルを見極める方法はありますか?


A1 まず、遮光瓶に入っていることです。遮光瓶は、オリーブオイルの酸化防止の役割があります。ワインが遮光瓶に入っているのも同じ理由で、光による劣化を避けるためです。オリーブオイルが遮光瓶につめられていれば、生産者が愛情を込めて製品を作っていることが分かります。

次に、ボトルのラベルに賞味期限以外の情報が載っているかどうかも購入時のポイントになります。例えば収穫年度やボトルに詰めた日付です。ラベルにボトリングの日付があれば、生産者が製造に関わる情報を開示し、品質に自信があることがわかります。

バリアーニオリーブオイルは、このどちらも満たしています。



Q2美味しいオリーブオイルとは、どのようなオリーブオイルですか?


A2 美味しいオリーブオイルは、飲めるオリーブオイルです。

飲めるというのは、ジュースのようにごくごく飲めるということではなく、ショットグラスに注ぎ、二口、三口飲めるオイルです。酸化したオイルは、一口飲むと臭みが舌に残り二口目を飲むことができません。美味しいオリーブオイルは、新鮮で臭みがなく、爽やかな香りがあるのでので二口、三口と飲むことができます。

また、辛味が感じられれば、良いオイルの証です。辛味の正体は抗酸化物質のポリフェノールです。ポリフェノールが多く含まれているということは、オリーブを収穫してから搾るまでに時間をかけなかったこと、製造過程でオイルに熱をかけたり空気に接触させて酸化をさせなかった事を示します。

この様な辛味があるオイルは、魚介類のクセを消し素材の味わいを引き出します。美味しいオイルは、オイル自体が美味しく、調理した食材の味を引き出すことのできるオイルです。

バリアーニオリーブオイルは、爽やかな香りと辛味が特徴の飲めるオリーブオイルであり、食材の美味しさを引き出すことの出来る素晴らしい調味料です。



Q3バリアーニオリーブオイルは、アメリカ産ですが、本当に美味しいのでしょうか?


A3 アメリカには、イタリアのD.O.P.やフランスのA.O.C.といった原産地呼称制度のように目安となる認定制度がないので、分かりにくいところがあると思います。

しかし、バリアーニオリーブオイルは、本当に美味しく、そして素晴らしいオイルです。香り、辛み(新鮮さ)、味の深さ、広がり、この全てが非常に鮮烈で他のオリーブオイルとは全く異なる味、といってもいいほど強い個性を持っています。この個性が、バリアーニオリーブオイルの特徴と美味しさの秘密です。

これは、処女地を開拓して土作りからこだわったバリアーニ農園で収穫されたオリーブのみを使い、しかも光による酸化を避けるために日の出前に手摘みし、収穫後4時間以内に搾油し、ボトリングまで空気に触れないように徹底管理のもと製造されているためです。

輸送に時間がかからないのも美味しさの理由です。カリフォルニアから日本まで、航海日数はわずか11日です。しかも北大圏ルートと呼ばれる平均気温18℃の低温ルートで輸送され、到着後はワインと同じ18℃の定温管理倉庫で保管しています。皆様の食卓に届くまで細心の注意を払い美味しさにこだわっております。



Q4有機認証はとっていますか?


A4 日本で有機認証は取得していませんが、バリアーニ農園では、農薬を使用していません。もともと農園のあるカリフォルニアのサクラメントは、地表温度が日中50度まで上がることがあり、虫がついたりや病気になったりしないためです。安心してお召し上がりいただけます。



Q5オリーブオイルは毎年同じ味ですか?


A5 ワインのように、オリーブオイルもオリーブの作柄により毎年味わいが異なります。バリアーニ家の工房もより美味しいオイルを作るために製造工程を改善しているので、それも味に良い影響を与えています。

また、面白い事に同じ年のオイルでも、収穫するオリーブの樹や農園の区画によって味は異なります。当社では、果実の収穫時期が近づくと、その年の出来を確認するためにバリアーニ家を訪れ、どの区画のオリーブの樹から収穫するかを決定します。初物グリーンオイルが皆様のお手元に届く年末から年始にかけて、前年度と初物を食べ比べたお客様から感想を聞くのが楽しい行事になっています。



Q6グリーンオイルとレギュラーオイルの使い分けを教えてください。


A6 グリーンオイルは緑色のオリーブの実を搾ったもので、若々しい力強い味と香りが特徴です。

レギュラーオイルは、緑の実が熟して黒くなったオリーブを搾ったもので、グリーンオイルよりまろやかでエレガントな味が特徴です。

バリアーニオリーブオイルは、エクストラバージンオリーブオイルの基準である酸化度0.8をはるかにをはるかにに下回る0.05という低酸化度のオリーブオイルです。特に貴重なグリーンオイルはカルパッチョやお刺身などの生食に、レギュラーは炒め物など加熱料理におすすめしています。



Q7揚げ物にエクストラバージンオリーブオイルはもったいないので使わないほうがいいとききました。揚げ物にはつかえませんか?


A7 そんな事はありません。揚げ物にこそ良いオイルを使っていただきたいとおもいます。表面のサクサク感、風味が全く違います。

オリーブオイルは、オイル漬けなどに使われるほど保存性に優れています。良質のオリーブオイルで揚げたものは、酸化の味がせず、一度冷めてからも新鮮な味をお楽しみいただけます。

良いオリーブオイルを揚げ物に使うというのは、天ぷら屋さんが良い油を使っているのと同じことではないでしょうか。

ぜひ、レギュラーオイルで揚げ物をお試しください。フレンチフライも感動する味になり、違いを実感していただけます。



Q8お菓子作りにオリーブオイルを使って美味しくできますか?


A8 美味しくできます。バターとは違う風味をお楽しみ頂けます。ただし、良質のオリーブオイルを使わないと美味しくなりません。

バリアーニオリーブオイルは、抜群の鮮度でお菓子作りにも適しています。グリーンオイルは、ハーブ風味やバナナのアイスやソルベに使うと深い香りを堪能して頂けます。

レギュラーオイルは、パウンドケーキやクッキーにおすすめです。ナッツのようなリッチでまろやかな味をお楽しみ頂けます。焼き菓子は、焼いた当日より翌日以後、味が落ち着きより美味しくなります。

バリアーニで作るお菓子は、お子様のおやつや贈り物にも適しています。



Q9大きいサイズで使いきれるか心配です。


A9 グリーンオイルは500mlと1L、レギュラーオイルは1Lの取り扱いです。

オリーブオイルというと、小さな瓶に入っていて特別な時にちょっと使うという方が多いかもしれませんが、イタリアンはもちろん、中華、和食にもご使用いただけます。

オリーブオイルを使い始めると、精製したサラダ油に抵抗が出てくるので、オリーブオイルしかつかわなくなったというお客様も大勢いらっしゃいます。我が家は、大人2人でレギュラー1L、グリーン500mlは、それぞれ一ヶ月半で大体使い切っています。

バリアーニオリーブオイルは、普段使いにぴったりなオイルです。



Q10まとめ買いをすると割引などはありますか?


A10 2本以上お買い上げでまとめ買い価格がございます。たとえば、2本で10%引き、3本で15%引き……などです。毎日使うバリアーニオリーブオイルをお求めやすくお買いいただけるようにしております。

上記以外にも、インターネットでのお買い物の場合には、会員登録でポイントを貯めてご使用いただけます。1ポイント=1円が獲得できますので大変お得です。

詳しくは会員登録についてをお読みください。



Q11バリアーニオリーブオイルをギフトにしようと思うのですが、何か特典はありますか?


A11 バリアーニオリーブオイルは、贈り物にも大変ご好評をいただいております。味が良いこと、高血圧や心臓病などにも良いことから、ご年配の方々への贈り物としても最適です。

その年の味わいやオリーブオイルの健康情報、バリアーニオリーブオイルの特徴や製造工程などを詳しく記した説明書を添付させていただいております。説明書を読むことで、贈り主様がこだわった製品を送られたことが伝わり、大変喜ばれています。

また、グリーンオイルには、保存性をより高めるための遮光袋も無料でお付けしております。

お歳暮やお中元など、大切な方への贈り物にも、ぜひご利用ください。