【新発売】スエルテアルタ ピクアル1L缶

スエルテアルタ ピクアル1L缶

スペインのスエルテアルタでは、ピクアルとクパージュというオリーブオイルを製造しています。

その中でピクアルのみ1Lサイズの缶があります。

缶というと、日本では品質の悪いモノというイメージがあるかもしれませんが、それは偏見です。

スエルテアルタが使用する缶自体の品質が高いのもさることながら、中身が当社で販売する250mLや500mLの瓶と同じだからです。

スエルテアルタの農園主であるマヌエル侯爵は、「品質の高い有機のオリーブオイルを、より求めになり易く、気軽に使える価格で楽しんで欲しい」と常々言っています。

この缶製品は、重量を1L缶と500mLの瓶製品とで比べると、何と30gしか変わりません。

▼スエルテアルタのピクアルが大好きな方、

▼コストを抑えて日常的に多めに使いたい方、

▼重い瓶だと使うのが大変だという方、

▼500mlで3000円を切る価格帯の有機のエクストラバージン・オリーブオイルを探していた方、

▼レストランを経営されている方、

におすすめいたします。

日本に無いものなので、開け方が特殊ですが、少し飛び出ている部分を上に引き上げ、後は通常通り回転させて開けます。
少し力が必要です。
スエルテアルタ ピクアル1L缶の開け方

なお、このオイルはまとめ買い割引適用ではありますが、1箱6缶入りで箱買いの方にはケース特価でお求め頂けます。

ただ、これは小量輸入した、今営業ができないでいる飲食店向けのものであったため、在庫としては少なめでありますことをご了承願います。

なお、スエルテアルタの新ロットは、2021年3月頃の入荷になると想定しています。

それまでの間、ピクアル250mLが無くなりましたら、この1L缶をお使い頂ければと思います。

スエルテアルタ ピクアル1L缶

スエルテアルタ ピクアル1L6缶入ケース(要ログイン)

当社では2社から計4種類のオリーブオイルを輸入していますが、このピクアルがどんな位置づけにあるのかを知りたい方は、「エクストラバージン・オリーブオイルの選び方」というページををご覧くださいませ。

【バリアーニ】味比べ250mLセット

バリアーニ エクストラバージン・オリーブオイル味比べ250mLセット(お一人様1セット限り)

以前より、バリアーニの250mLをセットで購入できるようにして欲しいというご要望を頂いていました。

これらは、主に小売店用のものであるため、250mLは、これまで当社ホームページでは販売していませんでした。

しかし、年末までもう少しですし、そろそろ当社のお客様の分を確保してもよいのではないかと思い、販売することにしました。

今月末まではお試し価格にさせて頂きます。

ただ、ギフト包装用の商品としてはまだう少しお待ちください。

包装無しでご了解頂ける場合のみ、ご注文賜りますようにお願い致します。

バリアーニ エクストラバージン・オリーブオイル味比べ250mLセット(お一人様1セット限り)

【グルメ】自分で作る餃子のタレ用3点セット

自分で作る餃子のタレ用3点セット

先日新発売しました元祖・食べる唐辛子であるピーナッツ辣油~油辣椒(ユラージャオ)が再入荷しました。

新発売時のプレゼントで一旦売り切れていたものです。

この唐辛子は、花椒の香りが素晴らしく、辛味も十分にあり、中華料理にぴったりなのですが、特に餃子に合うだろうと思い、試してみました。

合わせたのは、

▼石孫のむらさき醤油

▼山西老陳醋(さんせいろうちんさく)黒酢

▼そして、このピーナッツ辣油

の3つです。

これがまた、感動的な美味しさで、家族からも大好評でした!

まず、一番重要な醤油が美味しい。

むらさき醤油は、天然醸造の二年仕込み醤油で、仕込み用の食塩水の代わりに本醸造醤油を使って塩味をつけている、再仕込み醤油です。

むらさき醤油には濃厚なうま味と香りがあり、まろやかな味で大好評の人気アイテムでして。

そして、黒酢がまた素晴らしく濃厚なうま味を持っていて、ここまでのうま味は経験がありませんでした。

最後にこの新発売のユラージャオがすごい!

イタリアンのような辛さとは全く違う、中華料理用の辛さに大変身させます。

もうこの3点セット以外では、餃子を食べたいと思いません。3つを合わせると「そうそう、この味だよね!」となります。

余りにもよかったので、セットにして販売させて頂くことにしました。

そういえば、餃子食べたいなあと思われましたら、これをお使いください!

自分で作る餃子のタレ用3点セット~醤油・黒酢・食べる辣油

【バリアーニ】新ロット入荷見通しと現在庫

Photo by Alex Duffy on Unsplash

Photo by Alex Duffy on Unsplash

バリアーニオリーブオイルの2020-2021ロットが入荷するのは恐らく2021年の3月になると思います。

今年入荷した荷物は、1月中にバリアーニ家から集荷されて港に着いていましたが、船便が出港するまで1ヶ月ほどかかっていました。

船は、出港できるのに十分な量の荷物を載せるまで、港に待機しているためで、出港後は約3週間で日本に着き、通関後約1週間くらいで発送ができるようになります。

アメリカの港での待ち時間によっては、4月入荷になる可能性もあります。

現在のところ、バリアーニオイルは、2020-2021のロットが届くまでの間、販売できる在庫を持っております。

どうぞご安心の上、ご注文賜りますようお願い申し上げます。

バリアーニ オリーブオイルはこちらから。

【バリアーニ農園便り】あと7キロまで迫った山火事

バリアーニ農園

(記事作成までに写真が入手できなかったため、写真は数年前のものを使っています。)

社長佐藤格でございます。
大変ご無沙汰をいたしました。

先週6日金曜日にバリアーニ家の社長とようやく連絡が取れました。最悪の想定を吹き飛ばす大吉報でございます。

以下エマニュエル社長の話しです。

「この8月から連絡を断ち、さぞかし心配をかけたと思う。でもGood News がある。安心してくれ。

我々は無事で、農園と果実の安全性も確認できた。

そして今年の果実は大火災にも耐え、大きく実って生き抜いているよ!

8月から10月20日頃までは非常事態への対応に忙殺されていた。その間の最悪は、火の手が農園にあと7キロに迫った事だった。

55度Cを超える熱風と噴煙、そしてガスが地表を覆い、現地は避難命令直前まで行った。

農園近くに住む両親の避難やオリーブ樹木を守る水の管理も兄弟でそれこそ死に物狂いで頑張った。

サンフランシスコが汚染された空気で朝から真赤になった日は、数週間ぶりの休みになった。今こうして連絡できてホッとしている。」

それから彼の質問は我々が日本で如何に過ごしていたかの話でした。

私はバリアーニ家が置かれていた状況を現地のローカルテレビとニュースで熟知していたと話しました。

その上で、これは最早神様に祈るしか無いと判断し、10月の上旬と中旬の二度奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)に参拝し神様にバリアーニ家と農園の無事をお願いしてきた、と伝えました。

日本最古の神様で仏教伝来以前からの神社だからと説明を添えました。彼はその事を大いに喜んでくれました。

そして最後に出た彼の言葉がこれです。

「人生最悪の事態を乗り切ったこと。そして2019年秋産のオイルがアメリカ国内でもうすぐ完売となること。こうした幸運は、日本の神様の思し召しがあったからに違いない。

直接感謝を捧げたいので必ず参拝に行く。やはり神様に祝福されていた。有り難う。」

東京都の面積の6倍の森林が焼失。被害総額目下の算定で一兆円超。

州のブドウ農園や果樹園壊滅の中でバリアーニ家は農園を守り抜き、もう直ぐオイル製造が始まります。

そしてその後に控えるコロナ禍と政治経済等あらゆる混乱の中での日本向け出荷作業。

日本ホールフーズとバリアーニ家は如何なる難題も乗り切る覚悟で対応して参ります。

これまでの数ヶ月におよぶ間の皆様から頂戴した励ましのお言葉やご厚情にはバリアーニ家とともに心から感謝致しております。

本当に有り難うございました。

長文お読みいただきまして有り難うございます。

社長 佐藤格 拝