【レシピ】忙しい夜の魚ソテーとクレソンサラダ添え

忙しい夜の魚ソテーとクレソンサラダ添え

不定期で当社スタッフが作るレシピコーナーです。ご覧下さい。

—–

魚は週3回食べるようにしていますが、平日の夜30分位でぱぱっと作るとなると、あまり凝ったことはできません。

最近よく食卓に登場するオレガノとタイムで風味をつけた魚のソテーとクレソンサラダを紹介します。

昨年、ナポリ出身のイタリア人主宰のお料理教室で聞いたところ、シチリアの人はにんにくは素材の味を邪魔するのであまり使わない代わりにハーブを使うということを教わりました。

以前は、魚のソテーといえば、にんにくで風味付けをしていたのですが、それからオレガ

ノとタイムを良く使うようになりました。

使うことを習慣にしていないと、つい冷蔵庫で眠ってしまうハーブ達。バリアーニオリーブオイルでソテーをする際に使ってはいかがでしょう。

材料 3人分

A.魚のグリル

1.白身魚 3切れ
2.強力粉 大さじ3
3.塩、オレガノ、タイム 適量
4.バリアーニグリーンオイル 適量

B.クレソンの白ごまサラダ
1.クレソン 1束

C.ドレッシング
1.バリアーニグリーンオイル 大さじ3
2.ワインビネガー 大さじ1
3.塩 適量

4.白ごま 小さじ1

作り方

  1. 密閉容器にC.ドレッシングの材料を混ぜ、ドレッシングを作ります。
  2. クレソンを洗い、綺麗な葉を軸からハサミで切り、1の容器に入れ蓋をしめたら、良く振ります。
  3. 白身魚のソテーを作ります。魚の水けはペーパーナプキンで押さえてよくふき取り塩を振ります。
  4. 深みのあるお皿にラップを敷き、お魚のソテーの2、3の材料を入れて良く混ぜます。
  5. 3の魚に4をつけ、オリーブオイルを入れて熱したフライパンに皮を下にして焼きます。このとき、魚が丸まらないようにフライパン返しでおさえていると綺麗に焼けます。
  6. 裏返し、両面綺麗に焼き色が付き、中まで火が通ったら、お皿に魚とサラダを盛ります。