【レシピ】新玉ねぎとポルペッティーネのスープ

新玉ねぎとポルペッティーネのスープ

不定期で当社スタッフが作るレシピコーナー、今回は今が旬の新玉ねぎをたっぷり使ったスープをご紹介します。

スープに入れるポルペッティーネはイタリアの肉団子で、ひき肉に、卵、パン粉、レジャーノ、ハーブを入れて焼く直径2cm位の小さな可愛らしい肉団子です。

少し手間はかかりますが、大きな肉団子にはない存在感があり、おもてなし料理として出しても喜ばれること間違いなしです。

この季節にしか味わえない新玉ねぎをたっぷりと使った贅沢スープを作ってはいかがでしょうか。

材料 3~4人分

A.新玉ねぎのスープ
1.こぶりの新玉ねぎ7個
2.ミネラルウォーター 適量
3.こんぶ 15cm 3枚
4.塩 適量
5.バリアーニオリーブオイル 50cc
B.ポルペッティーネ
1.鶏ムネ肉(お好みのひき肉)300g
2.卵 1個
3.パン粉 大さじ3
4.パルミジャーノレジャーノ 大さじ3
5.刻んだパセリ 大さじ2(+飾り用 適量)
6.塩、コショウ 適量
7.バリアーニオリーブオイル 適量

作り方

  1. 新玉ねぎは皮を剝き、バラバラにならないように玉ねぎの頭と根っこの端を必要量だけカットします。
  2. お鍋に玉ねぎの頭を下にして置き、昆布、塩、バリアーニオリーブオイル、玉ねぎが隠れるくらいのミネラルウォーターを入れ、弱火で玉ねぎが柔らかくなるまで約1時間ほど煮ます。
  3. 玉ねぎを煮ている間にポルペッティーネを作ります。ひき肉、パン粉、すりおろしたチーズ(パルミジャーノレジャーノ)、パセリ、卵、塩、コショウをボールに入れて良くこねます。
  4. 手にオリーブオイルを適量つけ、3の材料をティースプーンで取り、丸めてポルペッティーネを作ります。できたポルペッティーネはクッキングシートの上に並べていきます。
  5. フライパンにバリアーニオリーブオイルを適量入れ、4のポルペッティーネを入れて、フライパンをゆすってポルペッティーネを転がしながらこんがり色づくまで焼きます。
  6. 焼けたポルペッティーネをお皿に取ります。
  7. 3の玉ねぎが柔らかくなったら、ポルペッティーネを加え10分ほど温めます。
  8. できたスープを皿に盛り、パセリを飾ります。