【グルメ】ワインと食事を合わせる巧みな4ルール

ワインと食事を合わせる巧みな4ルール

The Four Rules to Masterful Food and Wine Matching
というハフィントンポストの英文記事を訳して要約しました。

▼味覚は十人十色、自分の味覚を信じ、合わない組み合わせは二度とやらない

▼よい組み合わせはワインをよりソフトに、甘く、フルーティに、また滑らかにする

▼塩分、酸味、脂肪分は、酸っぱくて渋くタンニンの多いワインをソフトにする魔法の三要素

▼食事の構成要素を理解することがよい組み合わせのカギ

▼塩たっぷりのリブアイステーキにはタンニンと酸味の多い赤ワインを、酸味の高い白ワインにはレモンジュースやビネガーであえたカキを等々

▼これらを念頭に、でも縛られずに楽しみながら試すのが一番大事であり、これぞワインの全てである(要約ここまで)

ワインと食事とのマリアージュについては、いくらでも学ぶことはありますが、こういう基礎的なことをまとめてあるこの記事は非常に優れていると思い、ご紹介しました。

以前もこういうことは書いていますが、また新鮮な感じがするかもしれません。

今後も、マリアージュについては適宜記事にしてきたいと思います。