【グルメ】カレーなぜ変身? 印→英→日、国民食の秘話

カレーなぜ変身? 印→英→日、国民食の秘話

標題の日経記事が気になり、要約してみました。

▼ヘイスティングがカレー原料と米を英国に持ち帰り、それを元にカレー粉が発明され、ビクトリア女王に献上された

▼カレー粉と小麦粉を使ったとろみのあるカレーはイギリスを経由して日本に伝わった

▼インドではカレーに小麦粉は殆ど使わず、汁気が多くサラサラ

▼インド人による日本カレーの感想 「すごくおいしい。これはなんという料理?」「トロリとして西洋シチューのような風味、香辛料の香り殆どない、ライスに粘り毛があり、インド料理と全く違う」

▼「インドでは手で食べるので米に粘り気があると食べにくいが、スプーンなら問題ない」(要約ここまで)

そもそもインド人にとって日本のカレーはインドのカレーとは全く違うものですから、「これは何?」と思うのが当然のことなのでしょうが、「美味しい」と受け入れられているようで何だか嬉しいような誇らしいような変な気分です。

日本にもインドカレーが浸透しており、当社でもMTRの無添加レトルトカレーを扱っています。

これはそもそもが日本で働くインド人エンジニアのために輸入されたものでしたが、今では多くの日本人にも愛されています。

手軽にインドカレーをご自宅で楽しめる上に、少し野菜や肉を入れて日本的なカレーにアレンジすることもできますので、忙しい共働きの方に重宝されています。

MTRカレーでインド気分を味わいたい方は、どうぞこちらからご覧下さい。
https://store.japanwholefoods.co.jp/fs/jwfc/c/gr42