【グルメ】エキストラバージンめぐるオリーブオイル偽装の闇

巨大産業に挑む勇気ある告発 エキストラバージンめぐるオリーブオイル偽装の闇

J-CASTトレンドの「巨大産業に挑む勇気ある告発 エキストラバージンめぐるオリーブオイル偽装の闇」という記事をご紹介します。

この記事は霞ヶ関官僚が読む本として、「エキストラバージンの嘘と真実 スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界」(トム・ミューラー著、実川元子訳)を取り上げています。

スペインで健康被害が出た話や、イタリアでの裁判が現地メディアで報道されない話、日本でのJAS法、ポリフェノールについても詳しく書かれていました。

最後の5ページ目に以下のように記載されています。

「本物」のエキストラバージンは、その健康価値が高い微量成分により「苦い」「青臭い」「喉の奥がヒリヒリする」「むせて涙が出る」味わいとなるそうだ。その効用が判るのか、よちよち歩きの幼児までが、エキストラバージンを飲んで咳き込み涙をこぼしながらも「ボーノ(おいしい)!」と言っておかわりをせがむという(本書P231)。

この部分はバリアーニオイルの味わいそのものが書かれていると思いました。

「エキストラバージンの嘘と真実」という本の概略が知りたい方は、是非ともこの記事の全文をお読み下さい。
https://www.j-cast.com/trend/2014/11/27221881.html