【サプリ】摂らなくなると感じられること

国産ヒアロカプセル

サプリメントを摂る意義、価値があるかどうかを判断する一つの目安として、何か感ずることがあるかということを当社では重要視しており、これを体感度という言葉で表現します。

サプリメントを実際に摂ってみて、変わるかどうかをご判断頂きたいことをいくつか挙げてみます。

▼目の奥の痛み、頭の奥が締め付けられる感覚

▼膝関節の痛み

▼唇の乾き、皮膚のカサカサ

▼安眠できなかった時の頭の回転の鈍さ

▼数時間、数十分程度の短期的な記憶力

▼集中力の持続時間

▼お酒の分解にかかる時間

▼歯茎の奥のズキズキや違和感

▼お通じのスムーズさ

▼花粉の季節のむずむずした感覚

▼手先・足先の冷え

▼体臭

などなど。

使用する目的・量・期間、お体との相性、お体での感じ方の強弱などによって、程度の違いは出てきますが、基本的には上記のような感覚がいつもあるのに弱まっているとすれば、それはご使用の製品によってよい結果が出ている可能性が考えられます。

たとえば、手足の冷えがいつも激しいのに、そういえば最近自分の手が驚くような冷たさでなくなっていることがある、というのは何か原因があったはずです。

ご使用の製品の影響が考えられる場合には、因果関係があるかどうかを確かめるため、サプリメントを一時的に休止してみて下さい。

サプリメントを使わないと、上記のような感覚が戻ってくるということであれば、サプリメントがうまく作用している可能性があります。

このようにして、お客様にとって意義ある製品かどうかを確認し、ご納得頂いた上でサプリメントをご使用頂ければ幸いです。