【バリアーニ農園便り】オイル6日船積み・出港予定

社長佐藤格でございます。先週26日より現地に飛び、昨日帰国いたしました。

勿論目的は如何なる手段でもバリアー二オイルを日本に向け出航させる、この一点でした。

本日現在の状況です。要点のみをお伝えします。

1.日本向けのバリアー二オリーブオイル貨物は、昨日の現地時間午後3時締め切りのオークランド港内の保税地域に無事搬入されました。 
  現在、荷揚げ作業待ち貨物の正式番号が与えられ、貨物積載作業を待つ状態です。

2.港保税地域への貨物搬入作業は明日5日も行われます。
  
3.そして6日金曜日に船への積載。作業終了次第に出航が目下のスケジュールとなっています。

日本に向けて船が出港してからお伝えしようとも考えましたが、今回の流れはリスク管理上、成功の確率がこれまでで最も高いと判断しお伝えしました。理由は以下の通りです。

1.港保税倉庫への搬入開始日時に間に合っている。
2.たとえ前回同様作業の遅延を嫌って予定前の出航となっても、この搬入順番上位の貨物は積載して出航されるはずである。
3.現在、船会社は出航予定日の変更を発表していない。

これは、荷役作業代理店のベテランと我々が現地で分析したものです。以上より、今回のチャンスにかけ、皆さまに発表することといたしました。

ここから先は神頼みの世界。皆様のお力もどうぞ御協力賜りますれば幸いです。

ストライキの港で出航する船に積むわけですからバリアー二家との協力体制は尋常ならざるものがありました。一瞬の電話を逃したり回答を躊躇したりすればその段階でチャンスはありません。小生がいたその場に電話が来てバリアー二社長と小生が即答し、今回のチャンスを掴みました。

このいい流れが最後まで続くことを祈るばかりです。

次のご報告が「出航しました!」から始められますように。

佐藤 格 拝