【グルメ】イタリアを席巻するニッポンの意外な食材

イタリアを席巻するニッポンの意外な食材

今回はいつもと趣向を変えて、とても面白かった東洋経済オンラインの標題の記事を要約がてらご紹介します。

▼TBS『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』取材班より

▼イタリアのある大手スーパーでの日本食材売上2位は「ゼンパスタ」=しらたき

▼100グラム当たり6キロカロリーはパスタの1/25、食物繊維豊富で腹持ちがよいから

▼ゼンパスタとして販売する会社の社長夫人である日本人の女性のアイディア

▼重いしらたきは輸送コスト的に難しかったが、乾燥しらたきなら可能だった

▼乾燥シラタキを作る日本の会社と独占販売権を結び、3年前からイタリアで販売

▼リラックス・平和のイメージ「禅」を“パスタ”と繋げてゼンパスタと命名

▼刺身とカルパッチョ、天ぷらとフリットなど食の類似性があるイタリアで受け入れられたのは当然の結果か(要約ここまで)

パスタが食べたいというのは炭水化物が食べたいということですから、乾燥しらたきをパスタとして調理しようとは私は俄には思えませんが、日本の食材がイタリアで人気というお話はとても興味深いものでした。