【グルメ】泡ワインやビールには無い魅力

ジントニック

炎天下を歩いて体中に熱が籠もっている時に帰宅したら、ビール以外ではまず飲みたいのがジントニックです。

ジントニックには、スパークリングワインやビールとは全く違ったジントニックにしかない魅力があります。

シップスミス社のロンドンドライジンは、非常にドライですっきりしており、世界各地の10種のボタニカルが美味しい漢方のような体に染みいる複雑で深い味わいで、一つ一つの香りを取り出す楽しさがあります。

そのボタニカルとは、これらのものです。
マケドニアのジュニパー・ベリー、ブルガリアのコリアンダーの種、フランスのアンゼリカの根、スペインのリコリス(カンゾウ)の根、イタリアのオリス(シロバナイリス)の根、スペインのアーモンド、中国の桂皮(トンキンニッケイ:cassia dark)、マダガスカルのシナモン、スペインのレモンピールとセビル産オレンジピール。

トロミが出てくるほど冷凍庫で冷やしたこのジンと、ライムが要らないほど爽やかで青い香りがあるフィーバーツリーのトニックウォーターでキリキリに冷やして作って下さい。

このトニックウォーターにはコンゴのキナ、タンザニアの手搾りオレンジオイル、シチリアのレモン、南仏のローズマリーが入っています。

ビールとはまた違った苦味、スパークリングワインにはないボタニカルの風味、アルコール度数や甘さも自分で変えられる手軽さなど、多くの魅力が詰まったジントニックで暑気を払って下さい。

本日ご紹介しました製品はこちらからご覧頂けます。
シップスミス ロンドン ドライジン 41.6% 700ml(SIPSMITH LONDON DRY GIN 41.6% 70cl)

フィーバーツリー トニックウォーター 200ml