【健康】毎日の「サラダ油」が認知症を進行させる!

毎日の「サラダ油」が認知症を進行させる!

標題の東洋経済オンラインの記事を知りましたのでシェアさせて頂きます。
https://toyokeizai.net/articles/-/84957

簡単に要約すると、

▼脳科学専門医の山嶋哲盛氏の記事

▼筆者は、最も患者数の多いアルツハイマー型認知症の真因は「ヒドロキシノネナール」という毒性物質との新説をたてた

▼ヒドロキシノネナールは体内に残留し、蓄積される

▼この毒物は、サラダ油の主成分のリノール酸がセ氏200℃前後に加熱されると急激に増え、細胞膜のリン脂質を酸化させ神経細胞や臓器細胞を死滅させる

▼脳の神経細胞も死に、「記憶の指令センター」である海馬が収縮する

▼「植物油脂」「食用植物油脂」「ショートニング」として加工食品やスナック菓子等に紛れ込むが、「脱・サラダ油」生活をすすめる(要約ここまで)

私は単にサラダ油を使ったものを食すとお腹が痛くなるので食べませんが、上記の話は非常に恐ろしいと思い、シェアさせて頂きました。

蓄積する以上は含有する食品をとらないにこしたことはありません。

この記事にはよい油も、オリーブオイルを含め5種類列記されていましたので、気になる方はどうぞ最後までお読み下さい。