【健康】ビルベリー・ブルーベリー製品の粗悪品問題

ハーブの権威であるアメリカル ボタニカル カウンシルのサイト上にある記事を翻訳し、要約しました。原文はこちらです。

https://cms.herbalgram.org/BAP/V7/BAM7-SciUp-Berry.html?ts=1471559121

▼ビルベリー抽出物を含む45の栄養補助食品を紫外/可視分光光度法検出(HPLC-UV / Vis)法で分析

▼15種のビルベリー製品のうち8種は、アントシアニンの欠如のため劣化し、混ぜ物が入っていた

▼ブルーベリー製品の1つは、アンデスブルーベリーを含有し、ラベルには原産国が「エクアドル」となっていた

▼ビルベリーの生育範囲は、ヨーロッパ及びアジア北部に制限されており、エクアドル産ならばビルベリー以外の種を含んでいる可能性が高い

▼ブルーベリー製品8種のうち2種にはアントシアニン類が全く含まれていなかった

▼これらの製品は液体であるためアントシアニンの劣化は不可避であった

▼HPLC-UV /可視技術が果実抽出物を認証するのに役立つ(要約ここまで)

ビルベリー及びブルーベリー製品は、その産地とアントシアニンの量が重要であることがわかります。

また、成分の安定性が担保されていなければ、多くの場合、劣化してアントシアニンが表示量含まれていないことが想定されるということです。

この種の製品は世に数多ありますが、その現状を知って頂ければ幸いです。