【健康】オリーブオイルを加熱するとどうなるか

北米オリーブオイル協会のサイトで標題の内容をわかりやすくまとめていたので、訳して要約しました。

元の記事はこちらです。
https://blog.aboutoliveoil.org/does-olive-oil-lose-its-health-benefits-when-heated
▼すべてのオリーブオイルは、バージンオイルも精製品でも、加熱後も生でも同等の量の一価不飽和脂肪酸を含む

▼EVOO(エキストラバージンオリーブオイル)の発煙点は176℃から210℃、典型的な調理温度では発煙点を超えることはまずない

▼他の油は発煙点以上に加熱すると有毒な化合物が生成されるが、オリーブオイルにはポリフェノールと抗酸化物質が含まれているため、加熱しても有害な化合物は生成されない

▼不飽和脂肪酸は加熱すると酸化する可能性があるが、オリーブオイルは加熱しても酸化しにくい

▼オリーブオイル中のポリフェノールは熱に敏感だが、エキストラバージンオリーブオイルで調理すると、ポリフェノールが食品中に移動する

▼EVOOで揚げたジャガイモには、水で沸かしたジャガイモより多くのポリフェノールと抗酸化物質が含まれていた

▼オリーブオイルを加熱しても健康上​​のメリットは損なわれないが、風味は失う

▼複雑なフレーバーを持つ高価なオリーブオイルをお持ちの場合は、仕上げや常温での使用のために温存することをおすすめする(要約ここまで)

一価不飽和脂肪酸は、オレイン酸など酸化しにくい脂肪酸です。

今回まとめた内容はいつもご質問頂いていることですので、知りたい方が多いと思い、まとめてみました。

オリーブオイルは加熱するとなくなる成分もありますが、中華料理やパスタなど、加熱するお料理にも欠かせないのも事実です。

正しい情報を知った上で、美味しく加熱するお料理にもお使い頂ければと思います。