【健康】皮膚毒性に対する松樹皮抽出物の保護効果

以下は、ラットにおける六価クロム誘発皮膚毒性に対する松樹皮抽出物による防御効果についての英文記事を翻訳して要約したものです。

元の記事はこちらからご覧頂けます。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22344852

▼皮膚反応を目視、組織病理学的変化、酸化ストレスパラメータによって評価

▼六価クロムの局所適用は紅斑、浮腫の発生率、重症度を有意に増加させ、

▼病理組織学的検査は表皮の中から重度の壊死と落屑、真皮の炎症および出血を示し、

▼さらに体内の複数の抗酸化酵素の減少が観察された

▼松樹皮抽出物を同時投与した群は、六価クロムによる皮膚毒性を有意に改善し、

▼皮膚刺激・組織病理学的病変の発生率・重症度の低下が証明された

▼また抗酸化酵素の活性を増加させて六価クロムによる酸化損傷を効果的に防止することを示した

▼この結果は、松樹皮抽出物が六価クロム誘発性皮膚毒性に対する保護作用を有し、酸化ストレスによって誘発される様々な皮膚病変に対する保護剤として有用であることを示している(要約ここまで)

ラットではありますが、六価クロムだけでなく紫外線による酸化ダメージに関しても同様であることをご理解頂けることと思い、まとめてみました。