【健康】うつ病の潜在的原因

標題についての英語の医学論文がPubmedにありましたので、翻訳して要約しました。

元の論文はこちらです。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28951145

▼うつ病は世界で最も一般的な精神障害で世界で3億5000万人が苦しんでいると推定されている

▼うつ病の原因は完全には分かっておらず、トリプトファンの代謝拮抗物質経路の障害、酸化ストレスおよびニトロソストストレスが原因の重要な役割を果たす可能性があるとされる

▼うつ病患者は、スーパーオキシドジスムターゼおよびグルタチオンペルオキシドの血漿レベルが低く、

▼亜鉛、コエンザイムQ10、アルブミン、尿酸、ビタミンEおよびグルタチオンの血漿レベルの低下を特徴とする

▼異常な硝酸酸化産物および酸化窒素シンターゼ活性もうつ病と関連する(以下略)

体内の酸化ストレスは精神にも影響をきたすようです。

また体内抗酸化酵素や、亜鉛、CoQ10、ビタミンEなどの血漿レベル低下が特徴とあり、これは興味深い内容でした。

これらのレベルを高めることで少しでも潜在的要因を取り除くことができるのならば、積極的にやっていきたいものだと思いました。