【お知らせ】オメガ3クリル-S 新発売

オメガ3クリル-S

オメガ3クリル-Sという製品を新発売します。

この製品の原料は、AkerBioMarine社のSuperba TM KrillOilで、製品であるオメガ3クリル-Sは白鳥薬品株式会社の子会社である清光薬品工業株式会社にて製造されています。

白鳥薬品株式会社は、当製品の原材料にSuperba TM KrillOilを使用していることは特に宣伝しておりません。

製品の特徴
1.世界で最もきれいな海で獲れた原料から得た100%ピュアクリルオイルを使用
2.魚油由来のオメガ3系のEPAとDHAより体内で効率よく作用する
3.4週間の人の試験でも高い安全性

Superba TM KrillOilは、南極の水中に群れを成して浮遊する動物性プランクトンの南極オキアミから抽出したオキアミ油です。

オキアミは、オメガ3脂肪酸とアスタキサンチンの源である微細藻類を主食としていて食物連鎖の底辺にあり、食物連鎖上位の海洋生物に見られる汚染物質の蓄積もなく、体内に脂肪酸とアスタキサンチンが豊富に蓄積されます。
カプセルが赤いのはアスタキサンチンの色が出ているためです。

他の魚油から抽出されるオメガ3系のEPAとDHAは、体内でエネルギー源として活用され、将来のエネルギー要求に備えて体脂肪として蓄えられるトリグリセリドと結合します。

それに対し、オキアミ油に含まれるオメガ3系EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の大半はリン脂質に結合するため、体内でより効率よく作用するという特徴を持っており、これは数々の試験で証明されています。

オキアミ油は、様々なインビトロ、インビボでの検証、人を対象とした研究が重ねられ、これまで安全性に関する問題の指摘はありません。

最近の研究では、男女76人がオキアミ油を4週間摂取したところ良好な結果得られ、安全性評価基準に対する有害な影響も示唆されませんでした。

ただし、甲殻類(エビ、カニ、ロブスター等)に対してアレルギーを起こす可能性のある人には、オキアミ製品の摂取を避けて頂く必要があります。

当原料は、オキアミが船上に揚げられると同時に、船内の加工工場でオキアミ粉に加工されており、船に搭載された高性能GPSを使えば、全ての原料に用いられたオキアミが捕られた正確な位置まで溯って確認するトレーサビリティが実現できます。

漁獲には、オキアミを海面下の水中網で捕獲し、その後船上にゆっくりと吸い上げるまで海中に留めておくシステムを用いているため、オキアミが酸素によって劣化するのを防ぎ、オキアミ以外の魚や鳥、海洋哺乳類を誤って捕獲しないように配慮されています。

2016年の秋以降に以上の最新鋭の技術が導入され、原料鮮度が極限まで保たれるようになりました。

なお、南極オキアミの未来については、持続可能な漁獲を目指して調査を推進する組織「ARK」及びオキアミ漁業を持続可能な形で管理する「南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)」とが強調・協力して取り組んでいます。

以上は、AkerBioMarine社が提供する資料の利用を、同社と秘密保持契約を結んだ当社が許可されたものであり、本内容の全体または一部の使用・転載を禁じます。

Superba TM KrillOilは、原料として以下の成分が測定されています。
総リン脂質 ≧40g/100g
総オメガ-3 ≧22g/100g
EPA    ≧12g/100g
DHA    ≧5.5g/100g

そのため、製品としては1粒当たり:335mgのクリルオイルを配合されておりますので概算でDHA:18.425mg、EPA:40.2mgの目安です。

1日摂取目安は2~3粒となっています。どうぞお使い下さいませ。

オメガ3クリル-S