【スエルテアルタ】スペイン侯爵家が作るオリーブオイル

スエルテ アルタ庭園

当社では、スペインのスエルテ アルタオリーブオイルを扱っています。

スエルテ アルタは、「大いなる幸運」という意味です。

農園主であるマヌエル侯爵は、3つの哲学を持っています。

「オリーブにストレスを与えず、収穫後できるだけ早く製造する」
「不正・偽装とは無縁であることを自ら証明する」
「美味しいものは美しくあるべきである」

本日は、最初の部分、味わいに直結する
「オリーブにストレスを与えず、収穫後できるだけ早く製造する」
について詳しくご説明します。

オリーブの木にストレスがかかると、それは味わいに出ます。

スエルテ アルタ農園では、木にストレスを与えない取り組みとして
木々の間隔を十分にとるようにしています。

2種の製品のうち、ピクアルと名付けられたオリーブオイルには、ピクアル種のみが
使われていますが、このピクアルの若木だけを植えた農園は木々の間隔が通常よりも
広めの7メートルあけられています。

クパージュと名付けられたオリーブオイルにはピクアル種、ピクード種、
オヒブランカ種の古木が植えられており、これらを植えた農園では、
13メートルの間隔をあけています。

また、大変幸運なことに、スエルテ アルタ農園には広大な水をたたえるダムが隣接しており、
これも木をストレスから解放する要因になっています。

スエルテ アルタのオリーブオイルに新鮮な味わいがあるのは、果実の摘み取りが非常に素早く、
さらに、果実摘み取り後に2時間以内に製造しているからです。

果実摘み取り直後から酸化が進むため、農園では摘み取り作業は一刻を争います。

時間のかかる手摘みは行いません。機械と熟練した地元民による木の振動法で摘み取ります。

果実は、土による汚染を防ぐためナイロンネット上に集められて工場に迅速に運ばれ、
即座に製造されます。

工場が農園内にあるため、最も近いところからは20分、最も遠いところでも2時間以内に
製造開始ができるために新鮮さを確保できるのです。

オリーブオイル製造は、万国共通、収穫後どれだけ早く搾油するかで新鮮さが
決まります。

スエルテ アルタ オイルの新鮮さを是非味わってみて下さい。