【サプリ】 オメガ3クリル-S 原料のアスタキサンチンの意義

オメガ3クリル-S

当社で販売を開始しましたオメガ3クリル-Sは、AkerBioMarine社のSuperba TM KrillOilというクリルオイルが原料です。

このクリルオイルは、南極の動物性プランクトンである南極オキアミのオキアミ油で、オキアミ油にはアスタキサンチンが豊富に含まれています。

アスタキサンチンは、原料が製品になるまでの間、すなわち漁獲後、船内で一旦加工して輸出され、この製品が加工工場で製品化されるまでの品質を保持するために役立ちます。

従い、製品としてはアスタキサンチンの含有を訴えるものではありません。

全ての魚油由来のオメガ3原料は、オイル自体が酸化した臭いを持ち、飲み込んだ後に不快なゲップが出ることも少なくありませんが、この製品はいわゆる生臭さが非常に少ないという特徴があり、それはアスタキサンチンが製品になる前までの間に劣化を防いだところが大きいことを示しています。

先日来、クリルオイルに含まれるオメガ3系オイルはリン脂質に結合するため、体内でより効率よく作用することをご説明して参りましたが、この臭いがとても少ないことも大きな特徴としてご記憶頂きたいと思います。

DHA、EPAをお探しの方は、まずはこの製品をお試し下さいませ。

オメガ3クリル-S