【スエルテアエルタ農園便り】ダム水量95%に回復

スエルテアルタ農園付近のダム貯水量

スエルテアルタ農園を訪問している当社社長から、スエルテアルタ農園の様子と会談の内容を聞きましたので掲載します。

1.昨年末から今春までの干魃でダム水量は20%の危険域となったが夏から摘み取り直前までの降雨で何と95%まで回復。これで来年までは猛暑でも心配する事が無くなった。

2.反面地中海の他国の作柄の悪化は既に豪雨や干魃の被害で30%の減産が伝えられており、加えてアメリカのカリフォルニアの大減産の影響でそれらの国向けのバルク(タンク買い)商社が押し寄せている。需給バランスは一時的にも大きく揺れている。

3.スエルテアルタは更に安全性を高めるべくプラスチック混入防止に取り組むことにした。有機認証の中にプラスチック混入ゼロ項目が入るとすれば最初の企業となる。先日来多くの関係認証団体が視察に来て対応している。

4.オリーブオイル製造中の侯爵は三食と7時間の睡眠以外は農園と製造所で作業指導と管理に没頭していた。

5。新鋭設備導入で更に品質向上が保証された。詳細は追って開示することに。

常に業界の先を見据えた侯爵の先見性に改めて驚きました。

来年までの製造には問題がないことがわかり、ほっとしました。