『調理場という戦場』

本日は、『調理場という戦場』
(斉須政雄 著、幻冬舎文庫)を紹介します。

レストラン業界について勉強したいと思い、
アマゾンで見つけ購入しました。

著者は、三田のレストラン、コート・ドールの料理長です。

23歳で単身フランスに渡り、努力に努力を重ね、
コート・ドールを開店し、料理長となるまでの話が
つづられています。

レストラン業界という遠い世界の話ではなく、
自分の仕事、生き方について考えさせられる本で、
一気に読み終えました。

最初フランス語が全くできなかったため、
メニュー表に全て数字をふって
数字でオーダーを伝えられて料理を作っていたが、
その数字すらも聞き取れない。

そこで、ボーイが数字を言う時のちょっとした仕草やクセを
メモしていき、それを夜中にベッドで見ていたという
泣けてくる駆け出しの話から始まります。

才能だけで生きていけるのは若い時だけ、
自分の才能だけを振りかざして無残にやられてしまう人、
芽を摘まれてしまう人がいかに多いか。

又、実力以上の評価をして料理人に近寄り、持ち上げ、
利益がなくなると神輿の先頭にいた人からさっと去ってしまう。

そんな現実を何度も見てきて、自分はそうなるまいと
心に決めたそうです。

実力以上に評価されても仕方がないと、
お客様を喜ばせることだけを勝負として料理を続ける姿勢は、
とても格好よく、そしてそういう現象は
私も見てきているだけに、自分自身にも肝に銘じて読みました。

苦労話だけでなく、美味しい料理を作るヒントも紹介されており、
日々の料理の参考になるところもあります。

自分の仕事のスタイルを模索している方にもおすすめの本です。

『調理場という戦場』を是非ご覧下さい。