【Q&A】「バリアーニのグリーンはかなり辛いですか?」

By | 7月 24, 2020

当社が米国カリフォルニアから輸入しているバリアーニ オリーブオイルの
グリーンについて、ホームページをご覧になった方からご質問を頂きました。

バリアー二は、ファミリーでオリーブオイルを製造しており、
完熟果実を搾ったレギュラーオイルと、完熟前のグリーンの果実を搾った
グリーンオイルとがあります。

これらのうち、グリーンオイルの方はかなり辛いのではないかと気になったそうです。

というのも、以前ご友人から紹介された北アフリカのオリーブオイルが随分辛かったからとのことでした。

この辛さの原因は、ポリフェノールです。

ポリフェノールとは、オリーブ果実が新鮮さを保つために果実内に
持っている酸化させないための成分です。

ポリフェノールが多いと、辛さや苦味として感じます。

そのため、オリーブオイルテイスティングにおいても苦味と辛味は品質のよい面として評価されます。

さて、このご質問には苦味については触れられていませんでしたが、バリアーニの
グリーンオイルは辛味と苦味はとても強いです。

しかしながら、ワインがタンニンが多ければさえよい訳ではないのと同様に、
オリーブオイルもただ辛味や苦味だけでなく全体としてのバランスが重要だと言えます。

その点、このグリーンオイルには高貴さを感じるのと、とても濃いうま味があることで、
大変よいバランスになっています。

それから、もう一つ重要な要素として辛味や苦味に対する感受性というポイントもありますので、
特に辛味や苦味を強く感じやすい方もあれば、あまり気にならないという方もあります。

一口でむせかえる方もあれば、「そんなに言うほどかな?」と動じない方もあるのです。

私が言うよりも、お客様が何と仰有っているかの方が受け入れ易いと思いますので、
紹介させて頂きます。

▼「今でもオイルそのものを味わうとちょっと苦いと思ってしまいます。
でもその苦いオイルを出来たての料理やサラダにかけると何て美味しくなることか。

私が好きなのは魚の塩焼きにバリアーニとほんの少し醤油をかけることです。
もうマジックですね。以前なら焼き魚にオリーブオイルなんて思いもよりませんでした。

もちろん化粧オイルとしても使っています。ありがとうバリアーニ!」(りんりん様)

▼「ポリフェノールの辛さの後にくる旨味に感動。サラダにたっぷりかけて食べています。

初めてオリーブオイルが美味しいことを知った思い出の逸品です。

喉が痛いときに、スプーン一杯のこのオリーブオイルをじんわりと飲み込むと、
思いっきりむせますが、その後、喉がすっきりするので、このような変な食べ方もしています。」(あつし様)

▼「バリアーニのオイルを知って以来ずっと使い続けています。

他社製品のオリーブオイルには感じられないバリアーニならではの独特の辛み苦み。

お料理の種類も選ばず何にでも使えます。

少し物足りない時のオイル一振りでお料理がランクアップします。

お菓子では牛乳との相性が非常によいです。最高のオイルです。」(くり様)

慣れるというのもありますが、お料理に使うことでそ辛味や苦味も活かせるということを
ご理解の上でお使い頂ければ幸いです。

バリアーニのグリーンオイルが気になっているという方は、こちらから送料無料でご注文頂けます。