【ランキング】料理用オリーブオイル コスパ

By | 9月 30, 2020

オリーブオイルの用途として、当社では特に生食用と加熱用とに分けていません。

その理由は、野菜を加熱して食べることと同じで加熱処理が悪い訳ではないためです。

今でもヨーロッパの一部では品質の高いオリーブオイルは加熱調理をすべきでないと言われていますが、これには科学的根拠がありません。

むしろ、最近はエクストラバージンオリーブオイルで加熱調理した場合に(ポジティブな内容で)どうなるかという記事が多数出て来ています。

また、エクストラバージン・オリーブオイルを定義しているIOC(国際オリーブ協会)のHPにも「FRYING WITH EXTRA VIRGIN OIL」というページがあります。

その中で、オリーブオイルは適切な温度条件で過熱にならなければ構造変化を起こさず、他のオイルと比べても栄養価が高く保たれることを指摘しています。

また、食品を揚げる温度である180℃よりもオリーブオイルの発煙点が210℃と高いことも重要です。

というのも、臨界温度がより低いオイルの場合、有害物質を生成するためであるとも説明されています。

このように、当社では加熱調理にも当社で販売する全てのエクストラバージン・オリーブオイルをお使い
になるようにおすすめしています。

その上で、今回は料理用オリーブオイルのコスパ ランキングを作りましたのでご覧くださいませ。

バリアーニエクストラバージン・オリーブオイル レギュラー1L1位:

バリアーニエクストラバージン・オリーブオイル レギュラー1L 6,858円(税込)

風味・うま味・コスパの三拍子が揃っているのがレギュラーオイル1L。

スエルテ アルタ 有機エクストラバージン・オリーブオイル ピクアル500mL2位:
スエルテアルタ 有機エクストラバージン・オリーブオイル ピクアル500mL 3,564円(税込)

500mLでの価格が最もお求めになりやすい。まとめ買いでもっとお得になります。まとめ買い割引はこちらからご確認くださいませ。

バリアーニ エクストラバージン オリーブオイル レギュラー500mL3位:
バリアーニ エクストラバージン オリーブオイル レギュラー500mL4,320円(税込)

加熱にも生食でも、卓上でも人気のオリーブオイル。コスパ重視、だけど使い勝手とサイズも重視したい方に。

バリアーニ エクストラバージン オリーブオイル グリーン1L4位:
初摘み初搾りバリアーニエクストラバージン・オリーブオイル グリーン1L 10,800円(税込)

当社の最高級品をできるだけリーズナブルに使いたい方に。実は、非常に多くの本数をお使い頂いております。

有機エクストラバージン・オリーブオイル クパージュ500mL5位:
スエルテアルタ 有機エクストラバージン・オリーブオイル クパージュ500mL 4,536円(税込)

複雑な風味を加熱でも生食でも楽しめる。まとめ買いが断然お得です。

当社では、エクストラバージン・オリーブオイルで加熱調理をする場合、特におすすめなのがやはり揚げ物です。

沢山使う必要があるのではないかと心配されている方があるかもしれませんが、小さめの鍋に2cmくらいオイルを入れるだけで揚げ物ができます。

また、衣にオリーブオイルの美味しさが染みこんで美味しくなるので、大変おすすめです。

(我が家では昨日もバリアーニグリーン オリーブオイルで唐揚げを作りました。)

最後に、もし同じオイルで複数回揚げる場合は、3回までにされるのがよろしいです。

我が家では、使用後のオイルは次に炒め物にして使い切っています。

今日も当社製品で楽しくお料理をなさって頂けましたら幸いです。