オリーブとオリーブオイル

あなたはエクストラバージンについてこんな誤解をしていませんか?

エクストラバージンはみんな同じ味でしょ?

エクストラバージンはみんな足が早いよね?

エクストラバージンオイルは加熱調理してはいけない

そんな固定観念や疑問を思いっきり超えてみせます!

日本ホールフーズが日本総代理店として輸入する、スエルテアルタの有機エクストラバージン・オリーブオイルが選ばれる3つの理由

選ばれる理由:個性

選ばれる理由①素晴らしい個性がある!

クパージュはスペインNo.1に

スエルテアルタでは、ピクアルとクパージュという名前の製品を製造しており、それぞれに個性があります。ピクアルオイルは新鮮な緑の風味と爽やかな苦味とナッティさが楽しめます。クパージュオイルはハーブ、ほんのり甘味とリンゴ・柑橘系、トロピカルなニュアンスも感じます。

スエルテアルタピクアルオリーブオイルスエルテアルタクパージュオリーブオイル

選ばれる理由:個性クパージュにはピクアル、ピクード、オヒブランカという3種のオリーブが使われており、それらは農園内で等間隔に植えられているため、毎年互いに自然交配して少しずつ変化しており、味わいが毎年驚くほど複雑になっていることです。

それが評価されたようで、2020年6月にスペイン政府による、スペイン国家最優秀エクストラバージンオリーブオイル特別賞を受賞し、クパージュは文字通りスペインNo.1オリーブオイルになりました。

受賞歴をご覧ください。過去に多くの海外での賞を含め、受賞した全ての賞を掲載しています。この海外での受賞こそ、スポーツでいうところのアウェイでの勝利であるため、重要ですが、スエルテアルタにとってはスペイン政府による賞が最も栄誉あるものだそうです。

受賞歴

  • ピクアル
    スエルテアルタピクアルボトル
    • DOPバエナ賞 銀メダル
    • イタリア 有機オリーブオイルコンテスト 銀メダル
    • スペイン 国際有機オリーブオイルコンテスト 有機部門金賞
    • 米国ロサンゼルス国際オリーブオイルコンテスト 銀メダル
    • スペインハエン オリーブオイル博物館コンテスト 最終選考賞
    • 英国グレートテイスト食品コンテスト 1スター
    • 日本オリーブオイルソムリエ協会コンテスト 銀メダル
    • イタリア 最も美しいオリーブオイル容器大賞受賞など
  • クパージュ
    スエルテアルタクパージュボトル
    • スペイン国家最優秀エクストラバージンオリーブオイル特別賞(2020年6月受賞)
    • スペインDOPバエナ賞金メダル
    • イタリア 有機オリーブオイルコンテスト 金メダル
    • イタリア国際食品展オリーブオイルコンテスト 最優秀賞
    • ニューヨーク 国際オリーブオイルコンテスト 金メダル
    • フランスグルメオリーブオイルコンテスト グルメ金賞
    • スペインハエン オリーブオイル博物館コンテスト 選考賞
    • スペインコルドバ 議会主催オリーブオイルコンテスト 最終選考賞
    • 中国国際オリーブオイルコンテスト 金メダル
    • フランス国際オリーブオイルコンテスト 銀メダル
    • イスラエル国際オリーブオイルコンテスト 最優秀金メダル
    • ドイル世界ベストオリーブオイルコンテスト 最優秀有機オリーブオイル同世界10傑選出
    • 英国グレートテイスト食品コンテスト 1スター
    • 日本オリーブオイルソムリエ協会コンテスト 金メダルなど
選ばれる理由:フレッシュ

選ばれる理由②最後までフレッシュな味わいを楽しめる!

新鮮さは果実収穫から搾油までの時間で決まる

オリーブオイルの新鮮さは、果実を摘み取ってからどれだけ早く搾油するかによって大きく変わってきます。それは、果実を摘み取ってから、果実はどんどん酸化していくからです。非常に新鮮なオリーブオイルを作っているメーカーは、果実採取後、4時間以内に搾油しています。

スエルテアルタ農園そして、ここにはもう一つポイントがあります。オリーブ農園が搾油工場を持っているかどうかです。もし搾油場が無い場合、生協に持ち込み、搾油されるまで順番待ちになります。生協が無い国の小規模オリーブ農園は、果実をオリーブオイル生産者に売りますが、摘み取り後の時間ロスは避けられません。地域によっては半日、或いは一晩待つということもあります。従って、当然4時間以内というのは不可能になってきます。

手摘みこそが最高であると思う人もありますが、これは誤解です。手摘みの方が機械で収穫するよりも遅くなるものの、規模が大きくなければ特に問題はありません。逆に広大な農園を持っていて手摘みに頼っている農園であれば収穫に非常に時間がかかり、収穫時に酸化が進んでしまう可能性があります。

新鮮なオイルは最後までフルーティさを楽しめる

オリーブオイルの新鮮さは、ポリフェノールの含有量として現れます。ポリフェノールとは、オリーブ果実が新鮮さを保つために果実内に持っている酸化させないための成分です。

オリーブオイルを使ったサラダ酸化したオリーブオイルを食べると老化が早まります。たとえば、いつも何か胸焼けしたような感じがするとか、使っている油がベタベタした感じがするのであれば、それは酸化している証拠かもしれません。

逆に、ポリフェノール量の多いオリーブオイルは、健康オイル、美容オイルとなります。ポリフェノールが多いからこそ、開栓後もすぐに酸化して喉を通らなくなるということはなく、フルーティな味わいを使い切るまで楽しむことができます。それから、そのまま飲んだり、ドレッシングとして生で使ったりすることで、ポリフェノールを最大限に摂ることがでます。

このポリフェノールは苦味と辛味として表れます。イタリア政府公認オリーブオイル鑑定士である長友姫世氏は、『オリーブオイル・ガイドブック』という本の中で、「オリーブオイルの世界では、苦味と辛味は重要なポジティブ要素です。」と書いており、苦味と辛味は品質のよい面として評価されます。

ではポリフェノール量はどうすれば多くすることができるのでしょうか。オレンジでたとえてみましょう。

スエルテアルタ所有の果実を受け止める傘の付いたトラクター地に落ちたオレンジを拾ってジュースにする人はいません。なぜでしょうか。それは酸化が進み、新鮮な味わいが無くなってしまった後だからです。
オリーブオイルも新鮮さが命ですから、地に落ちてから搾油されるオイルがよいか、地に落ちる前に搾油されるオイルがよいかは明らかなことでしょう。



選ばれる理由:楽しい!

選ばれる理由③ 加熱調理でお料理が楽しい!

加熱してこそ活かせる味わい

良質なオリーブオイルには、しっかりとしたうま味成分があります。そして、そのうま味は、加熱調理時に最もよくわかります。そもそも、良質なオリーブオイルは加熱調理をすべきでないという認識は誤解に基づいており、大いにオリーブオイルは加熱調理すべきです。というのは、たとえば揚げ物をオリーブオイルで作る場合、衣に油が染みこみ、とても美味しくなります。またオリーブオイル中のポリフェノールは加熱調理しても食品中に一部移行することが明らかになっています。揚げた後にも油に含まれるポリフェノールのお陰で酸化しにくくなります。

 

さらに、オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は熱に強く、加熱調理しても酸化しにくいため加熱調理に向いている油なのです。また、良質なエクストラバージンオリーブオイルの発煙点は176℃から210℃で、典型的な調理温度では発煙点を超えることはまずないこと、良質なオリーブオイルにはポリフェノールと抗酸化物質が含まれているため、加熱しても有害な化合物は生成されにくいことが明らかになっています。

お客様の生の声

スエルテアルタ ピクアルオイル

スエルテアルタピクアル250mL

「気がつくと家族全員、器の底に残ったドレッシングが、愛おしくて一滴も残すまいと飲んでいました笑 何より驚いたのは、いつもは生野菜を食べない3才の孫が、美味しいと言ってたくさん食べたことです。 子供は正直だなと思います。また、先日スエルテアルタをプレゼントした友人からも、『こんなオリーブオイルがあるなんて知らなかったわ!味はもちろん、瓶のデザインも何もかも完璧で、感動しました!』と興奮気味に電話をくれました。私も嬉しいです。」(ばなな様)
「ピンクのボトルが素敵! ピクアル種単一のオリーブオイルという。なめらかな舌触りはベルベットのようで華やか、次に来る青い果実の香りその中にある毅然とした辛さが続く。食べてよし、美容に使ってよしのピクアル、今では私のパートナー、欠かせないものになった。」(S.T様)

スエルテアルタ クパージュオイル

スエルテアルタクパージュ250mL

「従来の近所のスーパーで買った品とは全く違う味わいに驚いています。まろやかでおいしく『これが本物のオリーブオイルなのか』と満足しております。」(H.O様)
「スペインのオイルなので今トレンディなタパス(小皿料理)との相性は当たり前ですが抜群!熱が加わるととても心地よい香りが 立ち上ってきます。赤ピ ーマンのマリネや魚・甲殻類・ホタテのソテーなどなど万能選手です。意外ですが中華料理に使うと仕上がりが大変軽くなります!瓶の注ぎ口の形状に大変驚きました。普通は使い終わりのころに残念ですが多少味が変化します。これは仕方ないことですが……スエルテアルタの注ぎ口は最小の酸化をも防ぐようできるだけ空気が入らないよう工夫されてます。これなら最後まで素晴らしいオイルの味わいを損なうことなく楽しめます!」(MIYABI様)
「ピアクルよりスパイシーで、よりオイルの個性が感じられました。爽やかな風味が美味です。美しい瓶や注ぎ口など、様々なこだわりが素晴らしいと思います。」(くり様)

残念ですが欠点も・・・

このスエルテアルタのオリーブオイルの素晴らしさを知って頂けたと思いますが、2点欠点があります。スエルテアルタオリーブオイルを注いでいるところ一度に沢山オイルを注ぎたい時に、少しずつしか出せないことです。これは、ボトルの首部分にポリプロピレン(PP) 製の栓が内蔵されており、この内蔵栓によって空気が遮断されるだけでなく、オイルが一度に出過ぎないように流れ出る量が調整されているためです。キレがよく、液だれしにくい構造である反面、一度に大人数の料理を作るためにどっとオイルを出したいような時には、オイルが必要量出てくるまで少々時間がかかります。

もう一つは、外からオイルの残量が殆ど見えないことです。遮光性が非常に高い容器であるため、酸化させにくいというメリットはありますが、この点は不便かと思います。とは言いましても、建築家であるスエルテアルタのオーナー自らデザインしたこれらのボトルは、上記のようにピクアルの方がイタリアでボトルのデザイン賞をとっており、化粧品のような美しさがあることも、魅力の一つになっています。


食べてみたいという方へ

スエルテアルタのオリーブオイル、2種類ともお好みかもしれませんし、片方だけかもしれません。ならば両方ともお試し頂けるようにしようと考えました。定価は4,968円しますので勇気がいると思います。そこで思い切ってお試し価格をご用意しました。


ご注文頂く方への特典

スエルテアルタ・ピクアル・クパージュ250mLセット【お一人様1セット限りお試し価格・送料無料】
2019年秋産スエルテアルタ(Suerte Alta)有機エクストラバージン・オリーブオイル ピクアル250mL・クパージュ250mL各1本


送料無料
通常価格¥4,968ところ
¥3,680 (本体価格 ¥3,408+消費税¥272)
平日15時頃までのご注文は当日発送(土日祝日を除く)
本製品は送料無料(通常5,500円以上の時に送料715円が無料)



上記製品は、明治屋さんなどの小売店で販売されているのと同じ定価にて当社のスエルテアルタのページで販売しているものです。
どんなに美味しいものでも食べなければわかりません。また、初めてご覧になった方がこの定価でご購入頂くのには大変勇気が要ると思います。(定価はピクアル税込2,268円、クパージュ税込2,700円です。)そこで、このオリーブオイルの素晴らしさを知って頂くために、今回はお試し品として初めての方限定で1セットに限りこの価格でお試し頂けるようにしています。


保存方法・注意点

高温多湿、直射日光を避け、台所の下などできるだけ涼しいところで立てて保管してください。ワインセラーでの保管をされる場合でありましてもコルク瓶ではないため、立てて保管なさってください。冷蔵庫保管されますと、オレイン酸成分が凝固しますので、おすすめしておりません。オリーブオイルは熱に対する安定性が高いので、暑い季節でも空気を遮断するためしっかりとフタを閉めて紫外線を避けて暗いところで保管されれば美味しく頂けます。冬期は気温が低いため、到着時にオリーブオイルが固まってしまうことが予想されますが、室温で最大72時間ほど置いて頂ければ元に戻ります。
空気遮断とオイルが流れ出る量の調整のため、瓶の首にポリプロピレン(PP) 製の栓が内蔵されています。オイルが出にくい場合は、初めに1 回だけ瓶を下に向けた状態で軽く振るとオイルが出ます。

商品名 スエルテアルタ 有機エクストラバージン オリーブオイル ピクアル250mL
スエルテアルタ 有機エクストラバージン オリーブオイル クパージュ250mL
ピクアルの味わい ピクアル種100%。若木特有の新鮮な緑の風味と爽やかな苦味が楽しめます。木々同士が水を取り合うストレスが味わいに影響しないように、木々の間隔は広くとられ、7メートルあけられています。
クパージュのの味わい ピクアル種、ピクード種、オヒブランカ種の三種を使用しています。古木(最古が1924年)からくる心地よい複雑な味わいが特徴です。オリーブの木がストレスを感じないよう、木々の間隔は13メートルと広くあけられています。搾油後のブレンドと異なり、同一農園内で三種が栽培されており、これらが果実摘み取り時点でブレンドされ、互いに交配し合い、3種類以上の果実を使っているような複雑な味わいに感じられる素晴らしいオリーブオイルです。 料理の仕上げに使うと、素晴らしい風味と複雑さを加えることができます。
料理例 ピクアルは、コストパフォーマンスのよさを最大限に活かし、生食用、加熱用の区別をつけずにお使い下さい。生食であればドレッシングなどにしてお召し上がり下さい。加熱用であればアヒージョにすれば食品中にポリフェノールが移行する分があるため、加熱しても効率よくお召し上がり頂けます。

クパージュは、お刺身、冷奴、カルパッチョ、パンにつけて、そうめん、魚介類の入ったサラダ、アイスクリームなどの冷菓子にそのままかけてお使い下さい。加熱するお料理に使うと栄養素は壊れやすくなりますが、より贅沢で美味しくなります。
パンフレット 味わいや使い方について記載した説明書です。ご注文本数と同数をお入れします。
ポリフェノール量 ピクアル:1450mg/kg(2018年3月1日コルドバ大学が分析)
クパージュ:1189mg /kg*(2018年3月1日コルドバ大学が分析)
年によって変動があります。
酸度 ピクアル:0.18%(2017年11月21日Enoquisaが分析)
クパージュ:0.21%(2017年11月10日Enoquisaが分析)
年によって変動がありますが、0.3%以下です。
栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 900kcal
たんぱく質 0.0g
脂質 100.0g
炭水化物 0.0g
食塩相当量 0.0g
ラベル記載事項及び賞味期限
名称 有機食用オリーブ油
原材料名 有機食用オリーブ油
内容量 228g(250mL)
果実採取時期
(RCL/CROP)
2019/ 2020
(2019年秋から2020年初)
ボトリング日
(LT-PRD)
ピクアル:2020 01 26
クパージュ:2020 01 25
賞味期限 ピクアル:2022 01 26
クパージュ: 2022 01 25
保存方法 冷暗所にて常温保存
原産国名 スペイン
輸入者 日本ホールフーズ(株)
東京都千代田区神田美土代町11-2

会社概要

会社名 日本ホールフーズ株式会社
所在地 〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町11-2 第一東英ビル2F
電話 03-5283-0333
FAX 03-5283-0330
設立 1999年7月
資本金 1,000万円
代表取締役 佐藤 格(いたる)
主要輸入国 アメリカ・スペイン
事業内容 食品・健康食品の輸入、サプリメント開発、通信販売、卸売、コンサルティング

P.S. このオイルをよいとご評価下さったら、次回はまとめ買い割引が適用になる「まとめ割」マークのついた500mLをお求め頂くことでコストを合理的に下げられるようになります。

並び替え
1件中 1-1件表示
並び替え
1件中 1-1件表示