店長プロフィール

店長:佐藤裕
店長 佐藤裕

日本ホールフーズの店長、佐藤裕(さとうゆたか)と申します。自己紹介させて頂きます。


幼少期から就職まで

小さい時から竹とんぼ作りなど手先を使うことが好きで、中学・高校でも書道や技術(木工)、美術の方が主要教科よりも好きでした。大学では教職課程を終了して中学と高校の国語教師の資格を得ましたが、悩んだ末ビジネスの道を選び、大学卒業後ソフトウェア会社に就職。営業として、お客様が詳しく仰有らないところにあるニーズを把握する重要性と面白さを感じ始めた頃、父が日本ホールフーズを創業しました。


転職

父から、勤めていた会社を辞めて独立すると聞いた時、非常に驚きました。情熱家の父は、「アメリカで仕事していた時に出会ったファミリーが作るオリーブオイルに感動して、日本総代理店として輸入を始めた」と言うのです。

「そこまでして輸入するというオリーブオイルはどんな味だろう?」と一口食べた時の衝撃は、今でも忘れられません。ベトベトした感じが全くなく、フルーティな香りと草のような香りがして、辛味と苦味が続いた後、その奥に何ともいえない心地よい濃い美味しさのようなものを感じました。この味わいは神の恵みとしか言いようがなく、父が人生をかける決心をした理由がわかったのでした。

そして翌年、私はソフトウェア会社を辞め、「このオリーブオイルを販売する仕事をさせてください!」と、自らお願いして当社に飛び込みました。入社後は、寝る間も惜しんで仕事に打ち込みました。特に就業して数年は、バリアーニ オリーブオイルをご予約頂いた方への出荷準備のために、会社に泊まりがけで仕事をしていたことも多かったです。しかしながら、それでは体がもたないのでIT化を進めて業務の効率化に努めました。


ワインと料理

美味しいものを表現する技術を学ぶため、ル・コルドン・ブルーでWSETというワイン教育プログラムを受講してワインとテイスティングを学び、レベル3のテイスティングまで合格しました。ワインのテイスティングは、適温で香りと味わい、口から鼻に抜ける風味を確認することなので、オリーブオイルのテイスティングと非常によく似ています。ワインについて学んだことで、より深くワインもオリーブオイルも味わえるようになりました。
最近は、スペインからも素晴らしいオリーブオイルを輸入しているため、定期的にスペイン料理教室に行っています。


最後に

私の仕事はネットショップの店長です。私達親子が人生をかけるオリーブオイルを皆様にお届けし、「美味しかった!」「感動した!」と喜んで頂くために、店長として全力を尽くします。ご購入にあたり、何か不安なことや気になることがありましたら、私宛でお問い合わせくださいませ。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。