会員登録で500ポイントプレゼントはじめての方へ ご利用ガイド お客様レビュー

当社は「安心の証」である、トレードセーフのトラストマークを取得したショップです。




便利なお支払い方法


サプリメント

バリアーニ オイル

スエルテアエルタ オイル

自然派コスメ

携帯用遮光瓶

美味しいグルメシリーズ

インフォメーション

    営業日カレンダー

トップページ > グルメシリーズ > ワイン



これだけあれば他は要らない

◆ 当社で多数テイスティングして最後に残った8本

当社で様々なワインをテイスティングし、色々なワインを販売してきましたが、遂にこれだけあれば他は要らないと思える素晴らしいワインに出会えました。これら8種類のワインをお楽しみ下さいませ。

好みのワインを見つけるポイント

ワインの色、香り、タンニン、酸味、アルコール度数、ボディ、余韻の長さなどの要素を念頭において味わってみて、好みのワインを見つけてみて下さい。

  • 赤ワインで色が濃いものは製造されてから日が浅いか、果皮の厚い葡萄を使っています。
  • 香りは、白ワインには柑橘系の香り、赤ワインにはベリー系の香りなどがあります。複雑な香りがするワインになると、蜂蜜、ドライフルーツ、ヴァニラ(樽の香り)、タバコ、コーヒーなどの香りを感じます。そういった香りをどれだけ「取り出す」ことができるかが、ワインの一つの楽しみです。
  • タンニンは歯茎にまとわりつくような感じがするもので、ざらざらとした舌触りのものもあれば、絹のように滑らかなものもあります。また、思わずしかめっ面になるほど渋いものや心地よい苦味のものもあります。
  • 酸味は、唾液が多く出るものは強く、少ないものは弱いということです。
  • アルコール度数は喉ごしや舌への刺激の強さでわかります。ワインとは違いますがウィスキーをストレートで飲み干す時に喉がカーッとなるのはアルコールによる刺激です。
  • ボディはアルコール度数の高さ、タンニンの強さ、残留糖分の多さできまってきます。糖分が多く果実味が濃くてアルコールが多く、タンニンが多い場合にはボディは重くなります。逆に風味が繊細でタンニンの渋味が少なく、酸味が高くアルコールが弱いワインのボディは軽くなる傾向があります。
  • 余韻は通常が5秒とされ、それより長ければ長いほど余韻が長いということです。

こういった要素の一つ一つを確かめつつ、どういう香りがするワインが好みか、またどんなタンニンのワインが好みかなどを探していくのが楽しいと思います。