会員登録で500ポイントプレゼントはじめての方へ ご利用ガイド お客様レビュー オリーブオイルコラム オリーブオイルご紹介キャンペーン


便利なお支払い方法

SSL Certificate
SSL/TLSとは?
当サイトではセキュリティ保護のため、アルファSSLサーバ証明書を使用し、強度なSSL/TLS暗号化通信を実現しています。サイトシールのクリックでサーバ証明書の検証結果をご確認頂けます。


当社は「安心の証」である、トレードセーフのトラストマークを取得したショップです。

サプリメント

バリアーニ オイル

スエルテアエルタ オイル

自然派コスメ

携帯用遮光瓶

美味しいグルメシリーズ

インフォメーション

    営業日カレンダー

トップページ > オリーブオイルコラム > オリーブオイルの選択に迷われた方へ

オリーブオイルの選択に迷われた方へ

1.バリアーニとスエルテアルタの個性の違い

バリアーニ オリーブオイルの特徴



このチャートの通り、バリアーニオイルは、他を寄せ付けない圧倒的なうま味の濃さが特徴です。しかしながら、オイルの味が濃すぎるのが苦手という方もあります。このようなお声は関西の方から多く頂きますので、恐らくは日本食の出汁や塩分の濃度が関東よりも薄めであることも関係があるのかもしれません。

確かに、素材の味をより楽しみたいお料理にバリアーニオイル、特にグリーンオイルを使うとそのお料理は殆ど完全なるグリーンオイル味になり、それが快適な方とそうでない方があるということだと受け止めています。

季節の素材の味わいを楽しみつつ、オリーブオイルは良質なものを使いたいという方にとっては、味わいが極度に濃厚なバリアーニオイルではなく、以下のチャートで表したスエルテアルタのオイルの方が向いています。


スエルテアルタ オリーブオイルの特徴



素材の味わいを埋没させない程度にうま味があるスエルテアルタオイルこそ、和食で良さが際立つオイルです。

このように使い分けができるようになると、毎日のお料理がもっと楽しくなります。

スエルテアルタのオイルを食されれば、バリアーニ・スエルテアルタ双方のよさがより明確になり、それは個性の違いであることをハッキリとご理解頂けることと思います。


2.おすすめの食べ方について

千差万別だからこそ

当社では、2社の計4種類のオリーブオイルを販売しています。

どう違うのかというご質問も多く頂きますが、どのような食べ方がおすすめかというご質問も非常に多いです。

当社では、より判りやすくするために、色々なご説明をして参りました。

「バリアーニのグリーンオイルは生食で、レギュラーオイルは加熱用に。」と申したこともあります。

しかしながら、グリーンオイルを加熱用に使ってはいけないとお伝えしたことはありません。事実、揚げ物にもグリーンオイルをお使いになっているという方も多いです。同様に、スエルテアルタのピクアルオイルとクパージュオイルの使い分けについてもご質問を頂戴しておりますが、結局のところ、おすすめの食べ方というものは、存在しません。そのようなものはないのです。

味わいの好み、料理の好みは全て千差万別です。そして、どんなお料理にお使いになっても、ご自身が美味しいと思われるのであればそれがベストです。

・加熱すると壊れる栄養素があるので勿体ないから生で食べたい。
・加熱して色々壊れてもいいから、贅沢でもこのオイルを加熱する料理に使いたい。

このようなそれぞれ異なる正解のないものが答えだと思います。しかしながら、全くイメージが浮かばないという方もありますので、精一杯当社でお料理にどのように使うのがよいかを考えたものを商品ページに画像で入れています。


3.一番美味しいオリーブオイルを食べる方法

バリアーニオイルを食された方は、バリアーニオイルこそが一番美味しいと思っておいでかもしれません。そういう方には、ちょっとびっくりなお話です。

当社のお客様には、シェフ兼ソムリエ兼パティシエの方があり、食についてはこれ以上の方は無いと私共は思っています。そのF様によると、スエルテアルタのピクアルとクパージュ、そしてバリアーニのグリーンとレギュラーの4種類をブレンドするのが一番美味しいとのことです。

なるほどと思ってやってみたところ、ビックリ仰天な美味しさになりました。誠にもってこれは衝撃でした。ブレンドすることによって、それぞれ別の個性を持っていたことが鮮明になり、それぞれの個性が際立つことになったのです。

嘘だと思う方は、是非お試し下さい。こんな方法があったとは・・・と驚かれます。


4.それでも選択に迷われる方へ

当社は、価格でオリーブオイルの価値が判るようにしてございます。どうしても迷ってしまう方は、最後の手段としてご予算に合わせてお値段でご決定下さいませ。


バリアーニオイルはこちらスエルテアルタオイルはこちら