会員登録で500ポイントプレゼントはじめての方へ ご利用ガイド お客様レビュー

当社は「安心の証」である、トレードセーフのトラストマークを取得したショップです。




便利なお支払い方法


サプリメント

バリアーニ オイル

スエルテアエルタ オイル

自然派コスメ

携帯用遮光瓶

美味しいグルメシリーズ

インフォメーション

    営業日カレンダー

トップページ > グルメシリーズ

トップページ > グルメシリーズ > スピリッツ

シップスミス ロンドン ドライジン 41.6% 700ml
(SIPSMITH LONDON DRY GIN 41.6% 70cl)



◆ IWSC2012ジン部門でゴールドメダル受賞 本来のドライジン



シップスミス社はウエストロンドン・ハマースミスのウイスキー評論家の故マイケル・ジャクソンのオフィス跡地に2009年に創業したクラフト蒸溜所です。

シップスミスの一番の特徴は銅製の超小型の蒸溜器を使用し、200本ほどのスモールバッチでスピリッツを生産している点で、ロンドンで銅製の蒸溜器が稼動したのは1820年以来です。ポットスティルとコラムスティルを組み合わせたユニークな蒸溜器で良質な部分のみをミドルカットし、徹底的に品質にこだわったスピリッツをつくり出しています。

ロンドンドライジン(41.6% 700ml)は、良質なスピリッツに負けないように厳選した10種のボタニカルを世界中から集めてつくられています。現在、流通しているジンの中でも特出してドライな味わいです。本当のドライマティーニに不可欠です。

世界中から慎重に集められた10種類のボタニカルを見ると味わいの複雑さがここから来ていたのかと納得します。

マケドニアのジュニパー・ベリー、ブルガリアのコリアンダーの種、フランスのアンゼリカの根、スペインのリコリス(カンゾウ)の根、イタリアのオリス(シロバナイリス)の根、スペインのアーモンド、中国の桂皮(トンキンニッケイ:cassia dark)、マダガスカルのシナモン、スペインのレモンピールとセビル産オレンジピール。



お客様の声

M.F様より
ジンはライムなしでOK。普通はジェニパーが支配的なのによくぞここまでグリーンノートを出してるとビックリです。最強のジントニックができて大満足です!」
(お電話も頂き、ジンがドライなのでジントニックにしても甘くならずにとてもよかったとご評価頂きました。)



店長のテイスティングコメント

量産品では味わえない、ドライで香り高く身体に染みいる気持ちのよい薬効が味わえる素晴らしいジンです。美味しい漢方といった感じでした。

好みに合うかどうかは別として、うま味以外の全ての雑味が除かれたスピリッツのジンとソーダの組み合わせは、どんな食事にも合います。好みの濃さでソーダ割りにするだけでできるので、あれこれ考えずに気楽に食事と合わせたい時にぴったりだと思います。

フィーバーツリーのトニックウォーターと合わせると、最高のジントニックができます。トロミが出てくるほど冷凍庫で冷やしたこのジンと、ライムが要らないほど爽やかで青い香りがあるフィーバーツリーのトニックウォーターでキリキリに冷やして作って下さい。ビールとはまた違った苦味、スパークリングワインにはないボタニカルの風味、アルコール度数や甘さも自分で変えられる手軽さなど、多くの魅力が詰まったジントニックをお楽しみ下さい。


商品情報

品名 スピリッツ(ジン)
原産国 英国
内容量 700ml
アルコール分 41.6%(表ラベルに記載)
輸入業者 株式会社ウィスク・イー
東京都港区芝浦2-17-13-2F


酒類販売管理者標識

販売上の名称及び所在地 日本ホールフーズ株式会社
東京都千代田区神田美土代町11-2第一東英ビル2階
酒類販売管理者の氏名 佐藤 裕
酒類販売管理研修受講年月日 平成29年7月9日
次回研修の受講期限 平成32年7月9日
研修実施団体名 全日本食品株式会社
シップスミス ロンドン ドライジン

シップスミス ロンドン ドライジン 41.6% 700ml(SIPSMITH LONDON DRY GIN 41.6% 70cl)

4,428円(本体価格:4,100円 + 消費税:328円)

会員価格あり!

[39ポイント ]

年齢確認
未成年者には販売しておりません。
数量
不良・破損・誤納品は2日以内にご連絡下さいませ。
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

narizoさん(1件) 購入者

熊本県/40代/男性 投稿日:2015年08月05日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

まずはじめに、こんな感想は私だけが感じるごく個人的なものかも
しれないことをお断りしておきます。

押し付けがましさなど微塵もない、いつまでも嗅いでいたい調和した香り。
ウッディさの中にある青い香りは、子供の頃家の近くの田んぼの周りで
どこからともなく香ってくる、初夏の夕方のひんやりした風にまじる、
新芽や花の香りを連想させます。
イギリスのお酒なのに何か不思議な感覚です。

本当に、こんなジンは初めてです。
これが本物なんですね。